日本で唯一の頭と髪の神社/京都嵯峨

京都市右京区嵯峨小倉山 嵯峨観光鉄道トロッコ嵐山駅前
お問い合わせ : info@mikami-jinja.sakura.ne.jp

  • 御髪神社とは
  • お守りについて
  • 御髪に感謝
  • 髪にまつわる話

髪にまつわる話〜 Episode about the hair 〜

ホーム > 髪にまつわる話

お釈迦様の十大弟子のひとり、優波離は理髪師だった!

低い身分の出身で.理髪師を生業としていた優波離ですが、釈尊に願い出て、釈尊族の王族とともに出家が許されました。
その中には、後に多聞第一の尊者となる阿難や天眼第一の尊者となる阿那律、そして教団にとっては反逆者となる提婆達多(だいばだった)もおりました。
この時、阿那律より「世尊よ、願わくば理髪師優浪離を本日授戒の最初として下さい」との申し出があったので、釈尊は優波離を最初の授戒者とされました。
そして釈尊は「出家以前においては身分の違い、地位の高低など種々あるが、出家後はすべてその差別などはない」と述ぺられ、優波離を敬うよう諭されたそうです。
優波離はたいへん律儀な性格の持ち主であったようです。
戒律に精通し、よく守ったことから、後に阿羅漢果(悟り)を得て、持律第一の尊者と称されるようになりました。

(c)㈱新潮社 撮影 松藤庄平

(c)㈱新潮社 撮影 松藤庄平

【十大弟子】

舎利弗(しゃりほつ)
目 連(もくれん)
大迦葉(だいかしょう)
阿那律(あなりつ)
須蓄提(しゅぼだい)

―智慧(ち え)第一(サーリブッタ)
―神通(じんつう]第一(モッガラーナ)
―頭陀(ずだ)第一(マハーカッサパ)
―天眼[てんげん)第一(アヌルッタ)
―解空(げくう)第一(スブーディ)

富楼那(ふるな)
迦旃延(かせんねん)
優波離(うばり)
羅喉羅(らごら)
阿 難(あなん)

―説法(せっぼう)第一(プンナ)
―論議(ろんぎ)第一(カッチャーヤナ)
―持律(じりつ)第一(ウパーリ)
―蜜行(みつぎょう)第一(ラーフラ)
―多聞(たもん)第一(アーナンダ)

理美容師の方々は、自分の技に「誇りと自信」を持ちましょう!

髪長姫の伝説/道成寺(和歌山)縁起「宮子姫髪長譚」

早鷹と渚という九海士の浦の漁村の夫婦の間に生まれた宮という女の子は、大きくなっても頭髪に恵まれませんでした。
ある日、母親が海の底から観音様を捨い上げ、願かけると、髪が生え美しく長い黒髪になったのです。渚と宮は、髪は観音様からの賜りもの、粗末にしてはならないと、抜けた髪さえ捨てたりせず木の枝にかけていました。

この黒髪を燕がくわえ、奈良の都へ飛んで行き、藤原不比等の屋敷に巣を造りました。巣を見つけた衛士たちが取り除こうとすると偶然にも、右大臣の藤原不比等が参内してきました。長さ七尺あまりもある女の美しい黒髪を見て、不比等はこの持ち主を宮仕えさせようと考え、宮を探し出 し、養女に迎えたのです。

宮は名を宮子姫之命と改め、時の文武天皇のお妃となりました。
宮子姫がお産みになられたのが、聖武天皇です。

ペレニケのかみのけ座/ギリシャ神話より

しし座とうしかい座のちょうど中間あたりにある『かみのけ座』」は、古くは「ベレニケのかみのけ座」と呼ばれていました。
ペレニケは紀元前8世紀ごろのエジプトの王妃で、 こはく色の美しい髪の毛の持ち主でした。
ペレニケは、戦場へ赴く夫の戦勝を祈願し、その見返りとして髪の毛を神殿に捧げることを誓いました。
ペレニケの祈りが通じ、王は無事に戻ってきました。髪を切ってしまった妻を見て王は悲しみましたが、その心遣いに感動しました。
翌朝、神殿からベレニケの髪が消えていました。美しいペレニケの髪は、大神ゼウスによって星座に加えられたのです。

綺麗な髪には食べ物の/バランスが必要

「髪は血なり」といいますが、心身の健康と食べ物は関係があります。心身のバランスをとるためには、バランスのよい食事を心がけることが大切です。
五臓の食べ物、「五味」の調節をはかることが健康法にかない、脱毛、白髪を防ぐ食事である、ということが言えます。
その具体例を紹介しましょう。

青色 ― ほうれん草・小松菜類。 肝臓に良く、直観力を養う。
赤色 ― トマト・西瓜・人参。 肝臓に良く、組織力を養う。
黄色 ― 大豆・さつまいも・メロン。 脾臓に良く、適応力を養う。
白色 ― 大根、蓮、葱、白菜。肝臓に良く、適応力を養う。
紫色 ― 小豆・しいたけ・ブドウ。 心臓に良く、記憶力を養う。

京都嵯峨/御髪神社/御守のご送付はこちらをクリック